ROUGH AND RUGGED

2000年、自社ファクトリーを立ち上げサーフボードのシェイプを開始した榎本高士が自身のバックボーンであるモーターカルチャー、サーフカルチャー、ミリタリーカルチャーを表現するENO SURFBOARD、ROUGH AND RUGGEDをスタートする。

2003年、そのグラフィックをTシャツ等にプリントし、固定概念に捕らわれないスタイルでENO SURFBOARD、ROUGH AND RUGGEDともに国内外で評価を受ける。

SURF、MOTOR、MILITARYの要素をクロスオーバーさせ、あえてシーズンテーマを決めずこれらの要素をプロダクトに注ぎ現代にアップグレードさせた物作りを提案し続ける。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

190